PR

デアゴスティーニ:ワイルド・スピードX2の舞台裏と魅力!日産スカイラインGT-R (R34)の伝説を探る

車のこと
記事内に広告が含まれています。

日産スカイラインGT-R (R34) とワイルド・スピードシリーズには、モータースポーツと映画の世界を熱狂させる魅力が詰まっています。

1999年から2002年に製造された日産スカイラインGT-R (R34) は、RB26DETTエンジンを搭載したパワフルなスポーツカー。

そして、アメリカのカーアクション映画『ワイルド・スピードシリーズ』
この特定のスカイラインGT-Rは、『ワイルド・スピード MAX』というシリーズの4作目に登場します。
この作品では、主人公のひとりであるブライアン・オコナーの愛車として、このスカイラインGT-Rがシリーズで最も有名な車のひとつとして注目されました。

『ワイルド・スピード MAX』は、派手なカースタントアクションが特徴の作品であり、スカイラインGT-Rと外装を良く似せた「GT-T」がいくつかのシーンで使用されました。

今回、デアゴスティーニ『ワイルド・スピード 日産スカイラインGT-R (R34)』とともに『ワイルド・スピードX2』の舞台裏と魅力に迫りながら、日産スカイラインGT-R (R34) の圧倒的なパフォーマンスと独特のデザイン、映画界への軌跡をたどります。

モータースポーツ愛好家と映画ファンにとって、この名車と映画は永遠の伝説となり続けることでしょう。

ワイルドスピード・日産スカイラインGT-R(R34)を探す
スポンサーリンク

ワイルド・スピードと伝説の名車、日産スカイラインGT-R (R34)の魅力に迫る!

ワイルド・スピードシリーズで一世を風靡した日産スカイラインGT-R (R34)。その魅力を調べました。
車に詳しくないのでChatGPT先生に教わりましたm(__)m

日産スカイラインGT-R (R34) とは?

日産スカイラインGT-R (R34)は、1999年から2002年にかけて製造された日産のスポーツカーです。この伝説的な名車は、ハイパフォーマンスカーとしての装備を備えています。

その独特のデザインや圧倒的なパフォーマンスから、多くの自動車愛好家に愛され続けています。

ワイルド・スピードシリーズとは?

ワイルド・スピードシリーズとは、アクション映画を中心としたメディア・フランチャイズで、違法なストリートレースに焦点を当てたカーアクション映画です。2001年に第1作『ワイルド・スピード』が公開され、続編やリブート版を経て、強盗やスパイをテーマにしたカーアクション映画に進化しました。

現在は「ファスト・サーガ」と称される主要作品とともに、スピンオフ映画やアニメも制作され、商業的にも成功しています。全体の興行収入は58億ドルを超え、ユニバーサルにとって最大のフランチャイズとなっています。ワイルドな魅力が多くの観客やファンを惹きつけているシリーズです。

ワイルド・スピードシリーズで日産スカイラインGT-R (R34) が登場したシーン

日産スカイライン GT-R (R34) は、映画「ワイルド・スピード」または「ワイルド・スピード」シリーズのさまざまな作品で登場し、多くの記憶に残るシーンを演じました。特に「2 Fast 2 Furious」では、故ポール・ウォーカー演じるブライアン・オコナーがカスタムボディキットとグラフィックスを施された青いR34 GT-Rを運転し、その印象的な姿が観客の心に刻まれました。

また、「ワイルド・スピード」シリーズの他の作品でもR34は登場しており、「ワイルド・スピード」(2009)では短いカメオ出演を果たしています。「Fast Five」(2011)ではガレージのシーンでR34が登場し、「ワイルド・スピード 6」(2013)では回想シーンで簡単に姿を見せています。

そして、最新作「F9」(2021)でもR34が回想シーンでカメオ出演し、シリーズの中でも偉大な伝説の名車として再びファンの前に姿を現しました。これらのシーンは多くのファンにとって特別な思い出となっており、日産スカイラインGT-R (R34) の存在感と魅力を際立たせています。

日産スカイラインGT-R (R34) の魅力

日産スカイラインGT-R (R34) は、その魅力的な特徴により多くのファンの心をつかんでいます。

まず、その圧倒的なパフォーマンスが挙げられます。ツインターボRB26エンジンの搭載により、驚異的なパワーと加速性能を実現しており、自動車愛好家やパフォーマンス愛好家の間で高い評価を受けています。

さらに、R34 GT-Rのユニークなデザインも魅力の一つです。アグレッシブで空力的なボディラインと、特徴的な4つの円形のテールライトが、他の車両とは一線を画す個性的で象徴的な外観を与えています。

また、映画「ワイルド・スピード」シリーズに登場したことも、R34 GT-Rの魅力を高めました。映画での活躍により、この車はシリーズのファンの間で伝説的で人気のある存在となりました。

さらに、R34 GT-RがスカイラインGT-R系譜の最後のモデルであるという評判もその魅力に寄与しています。これらの要素が相まって、日産スカイラインGT-R (R34) は永続的な魅力と人気を持つ名車として、自動車愛好家たちの心を魅了し続けています。

デアゴスティーニ:週刊『ワイルド・スピード 日産スカイラインGT-R (R34)』

デアゴスティーニジャパンは、2023年9月5日に週刊『ワイルド・スピード 日産スカイラインGT-R (R34)』の創刊を発表しました。このマガジンシリーズは、大人気映画『ワイルド・スピード』シリーズに登場した日産スカイラインGT-R(R34)が1/8ビッグスケールモデルで忠実に再現されるもので、模型ファンからワイルド・スピードシリーズ映画ファンまで楽しめる内容です。

映画『ワイルド・スピードX2』で主人公の一人、ブライアンが搭乗する青いR34 GT-Rを外装から内装まで忠実に再現しています。このR34 GT-Rは、1999年に発売された10代目スカイラインのスポーツカーで、日本で生まれたサラブレッドとして、速さと卓越したパフォーマンスを楽しむことができる人気の車です。多くのファンを魅了し、エンジニア技術の高さを証明した象徴的なクルマとして称賛されています。

1/8ビッグスケールモデルは、ドア、ボンネット、トランク、フュエルリッドが開閉できるほか、サイドウィンドウも開閉可能です。また、ハンドルとタイヤが連動して可動し、ヘッドライトやライト類が点灯します。さらに、ブルーネオンのアンビエントライトも点灯し、リモコンでエンジン音やクラクションのサウンドギミックを操作できるので、充実した機能が備わっています。

週刊『ワイルド・スピード 日産スカイラインGT-R (R34)』は、ユニバーサル・ピクチャーズの『ワイルド・スピード』シリーズのファンにとっては垂涎のアイテムであり、日産スカイラインGT-R (R34) の魅力をさらに高めることでしょう。

ワイルド・スピード日産スカイラインGT-R(R34)
ワイルドスピード・日産スカイラインGT-R(R34)を探す

当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品をご紹介、適格販売により収入を得ています。
引用・参照サイト・プレスリリース素材:PR TIMES
この記事は、2023/09/23時点での情報に基づいて書かれています。

楽天トラベル

車のこと
スポンサーリンク
花みをフォローする
新潟!女子旅!
タイトルとURLをコピーしました